Typical(株式会社ティピカル)

NEWS

懐かしのぶらさがり健康器具

なぜか、いきなり2階廊下に置かれていました。。。。

(嘘です。社長が社員の健やかな毎日のために設置してくれました)

 

さっそく、嬉し気にH課長がぶら下がって、懸垂に挑戦してみます。

まだまだ若い子には負けません。

「ふぬーーーー!ぬぬぬぬーーーー!」

「・・・・がくっ」

 

力尽きたH課長は、若手を応援する側に回ることにしましたーーー\(^o^)/

仕事同様、これがうまくいくんです!

いやいや、もっと頑張れH課長!!

(そもそもぶらさがり器具には、無理せずにぶら下がりましょう)


新人研修発表会2021

過日、6月10日(木)に、新人研修発表会がありました。

当社の新人研修発表会は、入社以来2か月に亘って上司や先輩社員から学んだことや、知恵を出し合い自分達で開発したプログラムなどを、大勢の社員の前で発表する一大イベントです。

今年も、新人三人のうちの二人は、途中からテレワークとなっており、意思疎通や学習内容について、不便なことも不安なことも多々あったと思います。

が、そんなことは微塵も感じさせない、素晴らしい発表会となりました。

面倒見の良い上司、優しい先輩方に囲まれ、それぞれがこの2か月で学んだ成果を、存分に楽しく発揮してくれ、彼らの行く末が本当に楽しみだと思えた社員も多かったことと思います。

今は配属先も決まり、それぞれが慌ただしい毎日を送っていることと思いますが、次代を担う社員として、成長してほしいと願います。


エイエイオー!

4月1日の入社以来、緊張の日々を送っているとみられる、当社の初々しい新入社員たち3名です。
エイエイオー!は、やらされている感が満載ですが、何れも情報系エキスパートであり、頼もしい限りです。

初日のビジネスマナーから始まり、現在は、「働くとは」「社会との共生」「生き方」にまで及ぶ講義を、当社の社長から学んでいます。
利己ではなく利他の精神を持ち、立派な社会人となることを、心から期待しています。

来週からは、いよいよ開発実習に入ります。
壁にぶつかることもあるでしょうし、つらいと思う局面もあるでしょう。

ただ、そういうことも、いずれ振り返ったときにはきっと成長の糧となっているので、
私たちと一緒に頑張っていきましょう。


令和3年度 入社式

今年のさくらは、記録的に早い開花となりました。

平地では、見頃の所が多くなっています。

まさに春爛漫でうららか日和の今日、中途採用の方も含め新たに5人の仲間を迎えました。

歓迎の挨拶では・・・

 

河原課長より

「私たちの仕事はパソコンに向かって一人で黙々と作業するように思われがちですが、
そうではなく、チームを作ってお互いにチェックし合いながら、協力し合いながら作業していきます。
チームとして一緒に成長できればと思っております。」

 

井川社長より

「<火種のような人に>なりましょう。
周りを見渡すと、火種のような人がいませんか。いつも自ら火を発し、物事に立ち向かう。
自分で火をつけれるように、そして他人に火をつけられるような人になればいい。
もらい火するようでは情けないですから。」

 

鯰会長より

「300年企業は日本に約600社あるようです。これは世界一。
アメリカは2位で約300社。なぜか日本だけ突出しているようです。長くやっていこうと思うと具体的な目標はほとんどなく、精神論のようなことが大半で、その中にはいろいろな言葉がちりばめられています。「美しい」「清潔」「清らか」「誠実」「道理」がたくさん並んでいます。そこから考えると、私たちも「想い」というものをしっかり持っていく必要があるのかと感じます。これから長きにわたって進めていくうえで、清潔感や誠実さをしっかり身につけていくのが、新入社員に限らず必要ではないかと思います。
これから皆さんが自己実現できるよう、会社としてもお応えできるように、サポートしていこうと思います。お互いに努力し合いながら、成長でき、達成できたらと思います。」

 

この先の先のまだ先へ。

清潔感や誠実さをしっかり身につけ豊かな心でお互いに火をつけながら進んでいこうと

社員一同今一度気を引き締め直す日となりました。

 


SDGsへの取り組み(2030年のその先へ!!)

SDGsとは、2015年の国連サミットで採択された、2030年までに持続可能なよりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴールと169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」という理念のもと、発展途上国のみならず先進国自身も取り組むべきユニバーサル(普遍的)なものであり、日本も積極的にこれに取り組んでいます。

当社でも、まずは出来ることから・・・と、身近なSDGsへの取り組みを始めることにしました。

■□■□■使い捨てカイロの回収■□■□■

ゴミにしかならなかった使い捨てカイロですが、これに入っている鉄と炭に酸を加えてチップに加工し、このチップを汚染された池や河に投入すると、汚染水が無害化され、きれいで「安全な水」につながっていくそうです。

とても小さな取り組みではありますが、これからの未来をより良いものにするために、私たちが出来る初めの一歩を踏み出し、これを継続していこうと考えています。


SSL GMOグローバルサインのサイトシール